テレビ朝日【ゲンバの声がある】に出演しました。

 

テレビ朝日様より美術品150点の鑑定依頼を受けて先日静岡県へ行って来ました。

 

美術品の持主がロシア帝政時代、ロマノフ朝貴族の子孫だと言う事で、素晴らしいアンティーク品に出逢えるかも知れないと言うワクワク感を抑えきれずお引き受けしました。

 

美術品が保管されていた大きな木箱がクレーンで降ろされ開封されていく時は少し脈拍が速くなっていたかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

私にとって美しい美術品との出逢いは生きている喜びの1つです。

 

少し大袈裟に思われるかも知れませんが、本当に美しい物に出逢った時は感動で魂が震えます。

 

「人間はこれ程美しい物を創造し作る事ができる生き物なんだ。」その様な感動は日常生活においてはなかなか感じる事が出来ません。

 

 

当日はとても多くの美術品と出逢え興奮の1日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロシアで名高い美術品と言えば、イコンとイースターエッグがあります。

 

 

イースターエッグとは、キリストの復活を意味する卵型の装飾品の事を言います。

 

 

イースター エッグの中でも、インペリアル イースター エッグと呼ばれる1885年~1916年に金細師ファベルジェによって制作された約50個が当時ロシア皇帝に献上されました。

 

 

1917年のロシア革命が起きた時に海外に持ち出され拡散してしまいましたが、後年いくつかが発見されサザビーズ、クリスティーズのオークションで1個1000万ドルの値が付いた物もあります。

 

 

エジプト、ギリシャ、中国等、素晴らしい美術品が作られるには「絶対的で強力な権力」が必要です。

 

 

そう言う意味において素晴らしい美術品は市民の犠牲の上にあるのです。

 

 

美しさは儚さであり、危うさでもあるのです。

 

 

放映されたテレビ朝日【ゲンバの声がある】はとても面白く興味深い番組で、今話題の色々な【ゲンバ】を特集しています。

 

 

番組スタッフの方、御用聞きの古市代表には大変良くして頂きました、そして依頼を頂き、素晴らしい美術品に出逢う機会を与えて頂き大変感謝しています。

 

 

あらためて御礼申し上げます。

 

 

古美術絵画骨董アンティーク古い物買取り致します

ホームページご覧ください
 
 
古代から~昭和レトロまで
 
ANTIQUE SAKURA(アンティークさくら)
 
群馬県高崎市飯塚町249-1
 
027-388-8369