モットー 



梅雨が明けたとたん猛烈な暑さとなりましたが、皆様日々お元気でお過ごしでしょうか。



私はありがたいことに買取、鑑定、遺品整理等の御依頼を頂きまして飛び回っており、私の事を信頼して頂ける方達のご期待に応えられるよう自分なりに葛藤しております。



当店は皆様のおかげで現在良い状態だと思います、このような時こそ初心を忘れずにスタッフ共々気を引きしめ「古いモノを通して人様に感動を与え、社会の役にたてる存在になる」という開業時の理想を見失なわない様、研鑽を積んでいこうと思っています。



私の好きな思想家の孔子が始祖とする儒教の教えに「五常」と「五倫」というものがあります。



人は、「仁・義・礼・智・信」からなる「五常」の徳目を守ることで、「五倫」と呼ばれる「父子・君臣・夫婦・長幼・朋友」の関係を維持するよう努めなければならないということです。







まず「仁」は、人を愛し、思いやることをいいます。



「義」は、利や欲にとらわれず、世のため人のために行動することをいいます。



「礼」は、謙遜し、相手に敬意を払って接することをいいます。



「智」は、偏らずに幅広い知識や知恵を得て、道理をわきまえることで、善悪を判断することをいいます。



「信」は、人を欺かず、また人からは信頼してもらえるように常に約束を守り、嘘をつかず、誠実であることをいいます。



これら5つの教えを守れば、人間関係がうまくいく、という考えです。



この考えは、中国漢王朝時代から清王朝時代に至るまで、歴代王朝は儒教の教えを尊び、その思想は庶民にまで長く浸透しました。



若い頃に「論語」を読み返し、私の背骨を形成している思想となっています。



以前よりご案内しておりますが、当店は開業時よりアンティーク、骨董品、絵画、掛軸、古物の買取りに力を入れ活動して来ましたがここ数年感じている事は



高齢化を迎え始めた昨今、骨董品を「買いたい方」よりも「売りたい方」が一気に増えていると言う事です。



富裕層コレクターの買いが盛んな中国とは逆で日本においては売却、現金化の流れが来ております。



現在の国内市場では古美術品の売行きは落ち込んでいますが、私は骨董古美術商としては比較的若く、これからの数十年先を見据えた自分なりの「未来思考」を重視して長期的な眼で日々を笑顔で楽しみながら活動し「顧客価値を創る」という事を目標にしています。



買取り可能品なのか?時代は?状態は?どういった用途のモノなのか?現在の流通価値は?丁寧にご説明致します。



そして大切なのは御客様の状況、希望に沿えるよう、品物の種類に応じた売却方法の御提案(当店では4パターン。売却金額、メリット、デメリットは変わります。)をさせて頂いております。



新たな古いモノとの出逢いが私の趣味であり、また御客様との出逢いが生き甲斐です。






「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」







中国美術絵画掛軸骨董西洋アンティーク埴輪土器鑑定買取り致します
ホームページご覧ください  
http://www.antiquesakura.jp/
一点の美術品から~遺品買取りまで
ANTIQUE SAKURA(アンティークさくら)  
群馬県高崎市飯塚町249-1  
027-388-8369